中古車購入の流れ

中古車を購入する場合には、中古車販売店に直接行って購入するか、あるいはインターネットで中古車情報を調べてからお店に行くかになるのではないでしょうか。

 

それでは中古車購入の流れというのは、どういう感じになるのかを見ていきたいと思います。
新車の購入と比べると、中古車の購入は納車まで時間がかからないので、すぐに車が手に入ります。
とはいえ、それなりの時間がかかりますので、車検の2〜3ヶ月ぐらい前から準備しておいた方がいいでしょう。

 

大まかな流れ

まずは車庫証明を用意するようにしましょう。自宅から2キロ以内の場所に駐車場を用意する必要があります。
車庫証明がないと、車を持つことができませんので注意してください。

 

車選びは、当たり前のことですが、予算を決めるところから始めましょう。
そしてその予算を基準にして、情報収集をしましょう。インターネットを利用したり、中古車販売店を回ってみたりしましょう。
もしお目当ての車が見つかったら、あとは見積もり&値引き交渉です。うまく予算の範囲に収めましょう。
一店舗だけで決めたりはせずに、いくつかの店舗を回って交渉してみるのがいいと思います。数万円程度の値引きは割と簡単にできますよ。

 

そして満足できる条件になったら、契約をして料金を支払いましょう。
車検証ができたら任意保険に加入します。納車日に保険の保障が開始されるのを必ず確認するようにしてください。
そのために車検証を納車前に送ってもらうなり、保険加入のための情報を電話で聞くなどの作業が必要になります。
ここまで完了したら、いよいよ納車だけということになります。

 

どれぐらいの費用がかかるの?

中古車を購入する場合、車体以外にもいろいろと税金や保険料などの費用がかかってきます。

 

自動車税は毎月5月に支払う必要があります。翌年の3月までの分を月割で支払うことになります。
自動車取得税は50万円以上の車が対象で、車の価格や年式によって決まります。自動車取得税は消費増税に合わせて廃止される可能性もあります。
重量税は車検切れの車を購入するときにかかる税金で、車の重量に比例して高くなります。
消費税は現在5%ですが、2014年4月に8%になることが決定していて、2015年に10%になる可能性が高いです。
自賠責保険料は車検切れの車の購入時に必要になります。24ヶ月で3万円ぐらいです。
重量税や自賠責保険料は、車検がある車であっても、車両価格に含まれていない場合には支払うことになりますのでよく確認してください。

車を買う時には優先順位を付けることが重要