車購入時における必要書類

車を購入する場合、事前に揃えておかなければならない必要書類があります。
急に車が欲しくなったからと言って、すぐにディーラーで購入して乗って帰るということは出来ません。

 

 

・車庫証明書
車の保管場所を証明するための書類です。管轄の警察署に申請します。

 

・実印
車は資産ですから、購入には実印が必要です。ゴム印以外の印鑑ならどの様なものでも大丈夫ですが、住民票を置いている役所で実印登録しておく必要があります。

 

・印鑑証明書
印鑑が実印であることを証明するための書類です。発効日から3ヶ月以内のものでなければなりません。

 

・委任状
車両登録手続きを販売店に代行してもらうための書類です。ディーラーが用意します。

 

車購入時に、今乗っている車の下取りや廃車手続きが必要な場合は譲渡証明書や住民票が更に必要になります。
必要書類についてはディーラーの営業マンが詳しく教えてくれますので、自分で取りに行く必要のあるものは取りに行き、後はディーラーで書類にサインするだけです。

 

A車購入後に受け取る書類

 

・車検証
公道を走るための基準を満たした車であることを証明する書類です。正式には自動車検査証と言います。新車購入の場合は、期限は3年です。

 

・自賠責保険証明書
自賠責保険の保険料を支払ったことを証明するための書類です。

 

・自動車税納税証明書
自動車税を支払ったことを証明するための書類です。

 

・リサイクル券
自動車リサイクル料金を支払ったことを証明するための書類です。

 

・取り扱い説明書
購入した車の説明書です。

 

・整備記録簿
車を整備した時に記録しておくためのものです。

 

以上が車の納車時に受け取る書類です。
受け取った書類は、確認した後にまとめてダッシュボードの中に入れて置きましょう。

 

中には納車後に自動車保険(任意保険)に加入する方もおられますが、納車前に自動車保険(任意保険)に入っていなければ、万が一事故を起こしても十分な補償を受けることが出来ませんので、事前に加入しておくことをお勧めします。
自動車保険(任意保険)加入時には、車検証に書かれている情報が必要になります。
車検証のコピーをFAXなどで送ってもらうか、電話車検証の情報を聞き、加入しておきましょう。

車購入時における必要なものなど記事一覧

車を購入するときに掛かる費用は車両本体価格だけではありません。それ以外にも税金等の諸費用がかかってきます。これは車を購入するときは中古でも新車でも支払うものなので、事前に把握しておく事が大切です。■購入の際にかかる諸費用・税金・保険車を購入の際には税金がかかります。その種類は『自動車税』『自動車取得税』『自動車重量税』『消費税』です。この...
詳細を見る
中古車を購入するにあたって、まず考えておかなければならないのが、その「予算」です。自分の出せる予算を決定した上で、購入する車を探すわけですが、その予算すべてを車両本体価格にあてられるわけではありません。と言うのは、車を購入する時に車両本体価格以外に、諸費用がかかってしまうからです。少し例えで考えてみましょう。例 予算100万円以内で中古車...
詳細を見る