中古車を購入する際にはどれくらいの資金を用意すればいい?

車を購入するときに掛かる費用は車両本体価格だけではありません。それ以外にも税金等の諸費用がかかってきます。これは車を購入するときは中古でも新車でも支払うものなので、事前に把握しておく事が大切です。

 

■購入の際にかかる諸費用
・税金・保険
車を購入の際には税金がかかります。その種類は『自動車税』『自動車取得税』『自動車重量税』『消費税』です。この中で自動車取得税は車体価格が50万円以下の場合はかかりません。

 

自動車を運転するのに絶対に入らないといけない保険で『自賠責保険』があります。この保険は強制保険なので入っていない車を運転する事は出来ません。自賠責保険は排気量等により値段が違いますので、自分が購入する車の排気量を調べて事前に料金を知っておくことをおすすめ致します。自賠責保険に加入していれば車を運転する事は可能ですが、もし事故をした場合は多額のお金がかかります。事故で起こった怪我は自賠責保険で保証できますが、物損に至ってはカヴァーされないので入っておくことをおすすめ致します。

 

・リサイクル料
車を廃車する際にかかる費用を車を購入する人が支払う費用です。この費用は2005年に制定された自動車リサイクル法によって制定されました。もし自分の車を中古屋に売る場合はお金が戻ってきます。

 

・車検
車検も、車を購入した際は必須です。大体は車屋さんに直接頼んで車検代と手数料を払い、車検を取って貰い納車の時に乗れる状態にしてもらうのが基本だと思います。中古で購入する際は24ヶ月分の車検を取る事が法律によって定められています。
車検の費用は決して高いものではありません。ほとんどが法定費用のみと考えていいでしょう。もしも部品等が壊れている場合は修理費用がかかる事を覚えておきましょう。主に2年に1度の頻度で車検を取る事が必要です。

 

・納車整備費用
お店によってかかる費用で、納車の時に不備が内容に点検を行ってくれます。もしも点検の際に不備があった場合は修理してくれます。事前に購入店舗に聞いてみるのをおすすめ致します。

 

・名義変更手数料
名義変更手続き代金と手数料です。車の所有者の名義を変更するのに必要です。しかし自分で行う事も出来ますし、その場合は名義変更手続き代金だけで済みます。費用を抑えたい場合は自分で行うのがいいでしょう。

 

・下取車手続き代行費用・査定料
車購入の時に乗っている車を下取りに出す時にかかる費用です。下取り価格から差し引かれる可能性がありますが、業者によって違いますのでトラブルを避ける為に事前に費用がかかるか聞いておくことが大切です。

 

■諸費用の目安を知ろう。

 

中古車の諸費用は車によって費用が変わってきます。相当な高級車や軽自動車で無い限りは10〜30万円で収まると思います。300万円を超える場合は30万円を超える場合がありますので、先に購入ショップに見積もりを出してもらいましょう。

 

車を購入するには以上のように様々な費用がかかります。中には全て込みで販売している業者もありますし、上に書いた費用以外の手数料がかかる場合もあります。自分の考えている購入費用を伝えて見積もりを出してもらったり、気になる車の見積もりを出して貰って諸費用を確認しておきましょう。