中古車を購入する場合の予算の決め方

中古車を購入するにあたって、まず考えておかなければならないのが、その「予算」です。自分の出せる予算を決定した上で、購入する車を探すわけですが、その予算すべてを車両本体価格にあてられるわけではありません。と言うのは、車を購入する時に車両本体価格以外に、諸費用がかかってしまうからです。少し例えで考えてみましょう。

 

例 予算100万円以内で中古車を購入したい場合

中古車を購入するにあたり必要な諸費用は20万円くらいになります。ですから予算100万円の場合、そこから諸費用を引いた金額、つまり80万円が車両本体価格となるわけです。
しかし、中古車販売店の店頭価格が80万円の車がそれだけの価値のあるものかと言うと、そうではありません。実はオークション市場でのその車の相場は50〜60万円ほどなのです。手数料を含めるならば、結果的にユーザーは実質車両本体価格の2倍ほどの金額を支払うことになってしまうのです。
仮に新車で120万〜130万円の車を、3年落ちの中古で買うとします。走行距離や年式で変わってきますが車体本体価格はオークション相場で60万ほどになります。しかしそれを中古車販売店で買うとなると、諸費用や販売店の利益が上乗せされ100万くらいになってしまいます。

 

上記の例から分かるように、たとえ100万円出したとしても、それだけの価値ある中古車を買えるわけではないという事です。予算を決めるときには、その事を念頭に置いておかなければなりません。
中古車と割り切って、安い車を2〜3年乗るというのならば、それでも良いのですが、中古車と言えどやはり良い車にできるだけ長く乗りたいと思うのであれば、それなりの金額を考えておかなければなりません。そう考えてみると、中古車ではなく、新車や新古車(未使用車)の購入という選択肢も見えてくるのではないでしょうか。

 

また中古車を買うにあたって、他にも覚えておかなければならないことがあります。
それは車に乗るには車両本体価格や諸費用のほかに、任意保険も支払わなければならないということです。そして任意保険は年齢が若ければ若いほど高くなります。任意保険には一括払いと分割払いがありますが、分割にすると金額が高くなりますし、クレジットカードを使うなら金利でもっと高額になります。ですからできるなら一括で支払うことをお勧めします。

 

では保険や諸費用すべて含めて150万円で車を購入したいと思う場合、一体幾らくらいの車を買うことが出来るのでしょうか。
何かが生じた時の緊急費用として20万円を置いておくとして、大雑把な金額ですが、車両本体価格90万円くらいの車を購入することが出来るということです。
150万円あれば、諸費用を抜いて130万円くらいの車を購入できると考えがちですが、保険料などを考慮に入れ余裕を見て予算を立てないと、予算オーバーになってしまうでしょう。大きな買い物である車を買うときには優先順位をつけてしっかりと準備することが大切です。