ここがすごいよ電気自動車!

EVとは、完全に電力だけで動く車のことを指します。国内で一般向けに出ているEVは、日産のリーフと三菱のi-MIEVくらいでしょうか。発売と合わせて、日産はEVのための充電スタンドを全国に増やすことで、日本にEVを広めようとしています。
ちなみに、EVとハイブリッドを合わせたPHV(プラグインハイブリッド)
という車もあります。では、EVの長所を考えてみましょう。

 

EVならではのポイントを一挙公開

・なんといっても安いコストで走れる
・加速力がある
・静かなドライブが楽しめる
・電力だから、もちろんオイル交換いらず
・ブレーキパッドが長持ちする
・車からモバイル機器の電気を取りやすい
・自治体からの補助金、エコカー減税など経済的

 

最大の魅力は、走るために必要なコストがガソリン車に比べて安く済むことです。ガソリンいらずで電気があれば走れます。まさに走る家電製品、といったところでしょうか。ランニングコストに加え、メンテナンスも安い費用で嬉しい。

 

日産から出ている電気自動車リーフは、エンジンに関して部品交換もしなくて大丈夫です。もちろん車検は必要ですが、その費用を安くする方法もあります。日産ゼロ・エミッションサポートプログラムに加入することで、車検で部品を交換する場合でも税金を覗けば諸費用以外が自己負担ゼロ円です。月額1500円のサービスなので、毎月の負担もそう高くはありません。

 

自慢のランニングコストを徹底解説

・自宅で満タンに充電しても、300円!
・その充電で、JC08モードでの走行可能距離はなんと228km!

 

充電の電圧によって、充電にかかる時間は変わってきます。一般家庭の100Vであれば充電所要時間が長くなります。そのため、時間短縮するには200Vで充電できるよう工事をしてにコンセントを用意するドライバーさんが多いです。ちなみに、200Vで満タンになるまで充電すれば約8時間で済みます。
一度満タンにしておけば、228km走行可能なので頻繁に充電する必要はありません。普段の近距離通勤やお買い物などでしか運転しないような方なら、だいたい週に1回ほどのペースで充電すれば間に合うでしょう。携帯電話やスマホのように、毎日充電しなくても平気です。

 

ガソリンスタンドのように充電スタンドがあるから、自宅で充電できる環境がなくても問題ありません。
9月末には、全国で急速充電器の数は1,900基(800基は日産ディーラー内)という報告があります。そして2013年度の下半期にはさらに700基増やす計画もありますので、充電スポットで困るという心配はなくなるでしょう。
この「急速充電」ですが、30分程度で80%充電が可能です。何時間も待たなくても十分な量の電力をチャージできるので、お出かけ先に充電スタンドに寄れば問題なし。

 

一つ気がかりなことは、充電スタンドはガソリンスタンドほど見つけやすくはないという点です。
お出かけ先で充電が切れそうになってから、慌てて探すのでは心許ないですよね。あらかじめ、お住いの地域や遠出先でどのあたりに充電スタンドがあるのか頭に入れておくと良いでしょう。

 

最新技術のEVでご不明な点

EVは最新の自動車技術で作られています。まだガソリン車に比べて普及率は著しく低いのが現状です。
そのため、一般の方々はEVについて分からないことは多いのではないでしょうか。
EVも良いところだらけではなく、デメリットとして車体が小さく車内が狭い、ガソリン車より走行可能距離が短いなどが挙げられます。しかし、これまでに解説したようにメリットもたくさんあるので、まずはEVについて情報を集めてみるのはいかがでしょうか。テレビCMや雑誌だけでは分からないようなことでも、日産や三菱のディーラーで説明を聞いたり相談をすると良いと思います。