今スーパーハイトタイプの軽自動車が話題

ミニバン、コンパクトカー、ハイブリッド、これらが最近流行している車ですが、特に軽自動車は、ミニバンタイプが高い人気を集めています。
軽自動車といえばセダン系の車種がよく走っていた記憶がありますが、それも昔の事、現在では軽自動車もいくつかに種類が分かれて生産されています。
最近では街中を見回しても、ミニバンタイプの軽自動車がほとんどで、どこの自動車メーカーもミニバンタイプの生産に力を入れていることがわかりますね。
それだけ市場で需要があるということなのでしょう。

 

スーパーハイトワゴンという新しい軽自動車

もう既に新タイプの軽自動車が話題に上っているのをご存知でしょうか。
2014年に発売予定の日産「デイズルークス」、そして三菱「ekスペース」です。
日産自動車と三菱自動車、どちらも日本を代表する自動車メーカーですが、両社が共同で開発し、市場の求める声に応えて作られた軽自動車です。
これらの軽自動車はスーパーハイトワゴンタイプと呼ばれており、車両の全高が1.7m以上という高さに余裕のある軽自動車を指しています。
少し前から、軽自動車でもトールタイプのワゴンの人気は上昇してきていました。
ホンダの「NBOX」やダイハツの「タント」は、その代表と言えるでしょう。

 

全高1.7m以上が人気の軽自動車

現在でも、トールワゴンタイプの軽自動車で高さが1.7m以上あるものもあります。
1.7m以上ある軽自動車はスーパーハイトワゴン、それ以下はトールワゴンと区別されているようです。
全高によって車種の名称が変わっているようですが、基本的にはトールワゴンタイプの軽自動車である、という事で考えて良いでしょう。

 

トールワゴンタイプの軽自動車と言えば、スズキの「アルト」やダイハツの「ミライース」などもありますがこちらは、全高1.5mほどなので、全高1.7m車種と比べると印象はかなり違います。
やはり高さが20cmの差があるという点は大きなポイントとなります。
ただ、一般的なセダンでも車の全高は、1.5m以下ですから、普通の軽自動車が特別低いというわけでもないのです。
従来、身長の高い人にとって軽自動車は窮屈で息苦しい、足が伸ばせないなどいろいろと不満があったことと思いますが、スーパーハイトワゴンタイプであればそのようなう不満も解消できるのではないでしょうか。